ヤれるオンナはこんな特徴がある ?>

ヤれるオンナはこんな特徴がある

口説くなら難しいオンナよりヤれる女を狙ったほうが成功率高くなります。
しかし、どんなオンナがヤれる女なのかわからない人も多いでしょう。
そんなヤれる女の特徴を紹介していきます。

自分の管理ができていない女性

自分の管理がきちんとできていない女は、自然と男性からのガードも緩くなります。
ガードが緩いということは、身体の関係に持ち込めるチャンスが自然と増えるので、ヤれる可能性は高くなっていくでしょう。
1つの例を挙げると『タバコをする女性』です。
タバコはストレス発散にいい考えもできますが、身体に悪いのは子供でも知っていること。
それをあえて行っているのは、ガードの緩い証拠です。
男性なら多少悪影響を少なくすることもできますが、女性の場合、妊娠・出産など生まれてくる子供に悪影響が出てきます。
そう考えると、それに結びつくセックスのガードも緩いと考え荒れます。

落ち込みやすい女性

落ち込みやすい女性もヤれる女の特徴です。
基本的に人間ですから、仕事や恋愛、プライベートなどいろいろな悩みが存在します。
しかし、大人なら自分で悩みを解消できるものですが、落ち込みやすい人は他人に悩みを解消してもらう依存心が高くなってしまいます。
他人に自分の悩みをどうにかしてほしい……
そう思っているオンナはそこに漬け込まれ、関係を責められる可能性が出てきます。

男性との出会いが極端に少ない

育ってきた環境や職場の環境で男性と接する時間が少ないと、ヤれる女になっていきます。
女子校や女子大育ちで男性と付き合ったことがない。
保育士や美容師など女性ばかりの職場で出会いがない。
そういう環境にいる人がみな、ヤれる女というわけではありませんが、男性に慣れていない女性は関係を迫るチャンスが眠っています。
もしかしたら、自分にとって最後の出会いかもしれない……
そんな思いが隠れているので、口説いてみると簡単にエッチな関係を結べるかもしれません。

消極的な女性

一番簡単にヤれる女かどうか見極める要素として、消極的な女性を探してみるのが簡単です。
消極的な女性は、自分に自信がないので『どうせ……』を繰り返し、新しいことにチャレンジする勇気がありません。
自然と受身の体質になってしまい、自分を口説いてくれる異性を待っている状態です。
そうした人は、自分と一緒の気持ちを理解してくれる男性に心を開きやすい特徴があります。
口説くときに、相手のことを理解してあげる・愚痴を聞いてあげる。
こうしたことをすれば簡単に心だけでなく、身体の関係を結ぶことができるでしょう。

関連ページもチェック

    None Found

Comments are closed.